甘く見ないほうがいい自律神経失調の恐怖!

看護師

心身のバランスを保つ

看護師

再発させないコツ

自律神経失調症を患う人は右肩上がりに増加傾向にあり、ストレス社会が大きく影響しています。精神科や心療内科などで回復を図っても、ストレスが強く出ることで再発しやすいのも自律神経失調の特徴で、再発を予防することも完治した後に必要な内容です。医師によるストレス解消術が提案されるため、上手く解消させられることで再発を予防できます。例えば、気分の落ち込みや苛立ちなどの対処法には、認知療法としても用いられている感情を文字として表すことで冷静になることができます。一行でも喜怒哀楽の感情を日記などに綴ることで客観視でき、冷静さを取り戻すことができます。同じように、自律神経失調では副交感神経が優位な状態がベストであるため、怒りなどを抑制するには一呼吸おくことは重要視されています。森林浴や散歩など、呼吸器系に作用し、さらにリラックス効果が期待できる発散法や生活改善案が再発予防に適しています。

家族との関係

自律神経失調症は、人間関係が上手くいかずに陥るケースが多く、病気として増加傾向にあります。中には家族に問題があり、それが病気の直接的・間接的原因となる場合も挙げられています。こうした場合、本人だけが医療機関で治療を進めても根本的な解決には繋がらない点に注意したい内容で、家族や配偶者などを対象に面接や家族関係の歪みを治療することがポイントになります。家族療法として確立されているものの、様々なやり方が展開できることもあり、十分な技術と経験をもった医師や臨床心理士などが携わってくれるクリニック選びも重要視したい内容です。また、自律神経失調症の人には家族の支えが大事で、ストレスで弱っている場合には労りが必要ですが、怠け癖がついてしまうケースも自律神経失調においてあり得る実情で、叱咤激励が必要となる場合もあります。

脚にできる静脈瘤

病院

下肢静脈瘤は脚の血管に瘤ができる病気です。予防のためには軽い運動や食事に気を付け、締め付けの強い服装は避けるようにしましょう。もしこの病気に罹った場合は、症状に合わせて何種類かの治療方法があります。かつては進行した場合は手術が中心でしたが、今では血管内治療で体に負担をかけずに治療が可能です。

詳細を読む

病院のお陰で家族が助かる

女性

人は皆、健康ならばよいのですがいろいろな生活習慣から、腎臓病を患うといったことが出てきます。 腎臓病で人工透析が必要となった場合、家族は送迎の問題を抱えるようになります。でも病院が送迎を行ってくれるお陰で、家族の負担を少なくできます。

詳細を読む

頭蓋骨の中にできるがん

病院

脳腫瘍は頭痛や嘔吐などの症状があり、詳しい原因は分かっていません。治療方法はがんを切除していく方法が基本で、顕微鏡や内視鏡などを使って行われます。決して患者数は多くはありませんが、子供や高齢者に発症する人が多いのが特徴となっています。

詳細を読む